電話番号

ブラッシング①

著者:デンタルオフィス湊

はじめまして、衛生士の松井です。
私はブラッシングについてのコラムを書いていきたいと思います。

さて、今回は適切な歯ブラシについてご紹介いたします。
皆様はどのような歯ブラシをお使いでしょうか?
歯ブラシの値段、色、形、毛の種類等、たくさんの種類に迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
きちんとしたブラッシングのためには、ご自分の今現在のお口の中の状態に合わせた歯ブラシを選ぶ必要があります。
一般に、歯ブラシのブラシ部分(ヘッド)が小さいものが使いやすいと言われています。
これは年齢を問わず、歯の並びがアーチ型をしているため、コンパクトなヘッドのほうが奥まで届きやすく磨きやすいからです。
また、ブラシの毛がそろっているもの(山状になっているものではなく)、歯ブラシの柄がまっすぐなもの、毛にコシのあるもの(ナイロン製)などが使いやすいです。
さらに、ヘッドの幅が狭いものは女性におすすめです。

毛の硬さですが、

ソフト(S):
歯周病によって、歯肉が赤く腫れたり、出血があって痛みがある方に

ミディアム(M):
市販のものはメーカーによって若干の違いがありますが、歯肉に特に問題がない方に

ハード(H):
歯肉や歯を傷つける可能性があるため、当院ではあまりおすすめしていません

ソフトを使用していた方が、ブラッシングに慣れてきて、歯周病の症状が改善されたら、当院ではミディアムに変更することをおすすめしています。

次回は、ブラッシングの方法についてご紹介します。

衛生士:松井