電話番号

歯垢が引き起こすお口や体の危険

著者:デンタルオフィス湊

こんばんは。
歯科医の熱田です。
前回は、歯垢=プラークについてお話ししました。
今回は、その歯垢が引き起こすお口や体の危険についてお話しいたします。
【歯垢が引き起こすお口や体の危険】

歯垢の中の虫歯菌が虫歯を作る

歯垢が細菌の塊である事は前回お話ししました。この歯垢の中に虫歯の原因菌(ストレプトコッカス•ミュータンスなど)も含まれています。これらの菌は食物の糖分を取り込み分解します。その時出来る酸がエナメル質を溶かす事(脱灰)により虫歯か進行していくのです。ブラッシングにより歯垢が取り除かれていれば、歯は唾液の成分で元に戻りますが、歯の歯頸部(歯と歯肉の境目)や隣接部(歯と歯の境目)のように歯垢がたまりやすく、作られた酸が唾液に拡散するのを防げられると、高い酸濃度を維持するようになり虫歯が進むのです。

歯垢の中の歯周病菌が原因で歯肉に炎症が起こる

歯垢には歯の見えている部分に付いているプラークと歯肉ポケットの中にあるため肉眼で確認するのが難しい歯肉縁下プラークがあります。歯と歯肉の境目についた歯垢は軽い歯周病である歯肉炎の原因になります。歯周病菌は酸素を嫌う細菌なので酸素の少ないポケットの中に好んで住み着きます。そこにバイオフィルムと言われる強固な塊を作って定着します。これらの細菌は毒素を作り出し歯周組織に炎症を起こしたり、歯を支えている歯槽骨を壊したりします。

口臭の原因

歯垢に含まれる細菌がガスを出します。また、歯肉に炎症を起こし出血や膿の原因になります。それらの臭いも混ざり合い口臭の原因となっています。

歯周病菌の毒素は体全体にも影響を及ぼしている

最近では歯周病菌の毒素は歯周組織を破壊するだけでなく、血流にのって全身に行き渡り様々な疾患を引き起こす事が分かってきました。

心筋梗塞

歯垢の中の歯周病菌は歯周ポケットから歯肉の中に入り込み、毛細血管から大きな血管へと送られ全身を巡ります。
心臓に発症する「細菌性心内膜炎」のほとんどは口の中の細菌が原因です。歯周病菌が血液に感染すると血栓が出来やすくなり、動脈硬化、心筋梗塞を引き起こしやすくなると言われています。

高齢者が起こしやすい誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎は、食べ物や唾液を飲み込んだとき、誤って気道に入ってしまい、歯周病菌が肺や気管支に感染する事によって起こります。特に高齢者の方や寝たきりの方は、吐き出したり、咳をしたりという動作が難しく、細菌を外に出す事がしにくく感染しやすいと言われています。

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病はお互いに状態を悪くし合います。歯周病菌によって作られる炎症物質が血糖値を下げるインスリンの働きを抑制するため糖尿病を悪化させます。糖尿病は細菌に対する防御力が低下するため、歯周病菌が感染しやすくなり、歯周病を悪化させていきます。

妊娠時には要注意

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増えて細菌が増殖しやすくなったり、つわりで歯磨きが出来なくなり歯周病が進行しやすくなります。母親が歯周病になっている場合、低体重児出産や早産となる確率が高くなると言われています。

近年、お口の中だけでなく様々な病巣に歯垢の中に含まれる細菌がある事が判ってきました。
お口の中を清潔にする事が他の病気になる事を防ぐ事にもなるのです。

たかが歯磨き、でも侮る事なかれ、されど歯磨きなのです。
歯科医:熱田